プラセンタの副作用

プラセンタの副作用

プラセンタのうれしいところが副作用が無い面です。使われている原料はヒト、ウシ、馬など動物由来で、医療現場で使われるヒト由来のプラセンタは副作用がほとんど無いのがメリットです。ヒト由来のプラセンタは医療現場で治療として使われているのにも関わらず、薬のような副作用は一切ありません。

 

そのため持病がある方が利用したり、美容目的で利用しても問題がないといえます。ただし、飲んでいる薬との影響はまったく無いとはいいきれませんから、薬剤師の方に相談して影響が出ないことを確認しておきましょう。プラセンタ自体はアミノ酸や脂質、ビタミン類など、栄養素が含まれているのみなので飲み合わせにより弊害は起こりにくくなっています。

 

もし副作用が出るとしたら、体が一時的にプラセンタに馴染もうとする好転反応のようなものです。疲れがはやく取れる感じがして睡眠時間が短くなったり、生理の量や質が変化することがあります。生理は女性にとって毒素を出しているようなもののため、体が回復に向かう際に変化が見られることがあります。プラセンタは細胞の代謝を高め、体の回復機能を高めるものです。

 

ほかにもお通じに変化が見られる場合もあります。これも一時的なものであって、プラセンタに体が馴染むころにはなくなっていきます。